FC2ブログ
ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤の脱毛時期について

抗がん剤治療における副作用の一つである脱毛の対処として

医療用かつらの準備をオススメします。

かつらメーカーさんのかつらの特徴として

デメリットはやはり価格が高額であることが挙げられます

一般的なファッションウィッグであれば数千円~1万円程度で

購入が可能であるのに対して

医療用のかつらは一桁増えるのが現状です


しかしそのかつら自体の作りは

ファッション用のかつらとは全く異なる作りになっています。


敏感になっている頭皮をケアする柔らかい素材のネットや

長時間の使用を考慮したかつら自体の通気性や軽量性

見た目の自然さをより重視した作り

人毛やミックス毛(人毛と人工毛が混ざったかつらをいいます)

で制作されているかつらが多いのですが、

ファッション用のかつらとは同じ人毛や人工毛でも

毛髪の種類そのものが違う事も多いようです。


また、脱毛や発毛による頭部の寸法の変更に対して

かつらのズレを軽減するための考慮として

ネット部分の伸縮性やアジャスタなどによるサイズ調整

メーカーによってはネットそのものの採寸も都度行います

長く使用する予定となるかつらであれば

なるべくやすくそして良い(間違いのない)品を

購入しておきたいものですね
スポンサーサイト

*コメント

非公開コメント

        
*検索フォーム
        
*リンク
        
*QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。